September 16, 2007

1ヶ月前は・・・

もう、1ヶ月も過ぎてしまっている・・・orz

1ヶ月前は、そう・・・お盆で、夏休!

今日も天気がいいけど、やっぱり、夏本番と、今のお天気はちょっとどこか違う。

ちょっぴり、秋の気配を感じる今日この頃・・・

そんな9月に、夏真っ盛りのプチ旅行のご報告♪

今年は、上の子の高校受験!

子供はのんきなもので、ちっとも焦っていない。私だけやきもきしているが、どこ吹く風・・・

しかし、そうは言っても、受験生だし、塾も毎日のようにあるので、しばしの息抜きにと、小旅行、日帰りツアーを企画する。

ちょっと、足を伸ばして、千葉の館山に行き先を決める。

やっぱり、折角ならきれいな海。

と言う事で、行き先は、館山の沖ノ島に決定!

沖ノ島は、千葉県館山市の鏡ヶ浦の端、海上自衛隊館山基地の先にある小さな無人島で、さんご礁や、熱帯魚なども見れるらしい。

時期がお盆という事もあり、朝、早く出発して、帰りは、夕飯も食べて、ゆっくり渋滞を避けて帰ろうと言う事で、な・な・ なんと!!!

朝、3時30分過ぎに出発!

そりゃ、早すぎるでしょ!(;・∀・)

って感じですが、結構な車走っておりました。

途中、穴川インターで、事故目撃・・・・(>_<)

助手席にまだ人が乗っていましたが、帰宅後の新聞でお亡くなりになったことを知りました。(合掌) かなりすごい事故でした。見た目、すでにダメそうではありましたが・・・

と言う事で、旦那さんの運転も心なしか慎重になりましたが、何とか無事到着!

Photo 途中、休憩などして、ゆっくり来ましたが、6時前くらいに到着。

←館山自動車道を下りた所!

一瞬、ここはハワイ!?ッてくらい気持ちがいい景色が広がっていました。

Photo_3

そして、沖ノ島到着。ほとんど人がまばら。

でも、それでも人がいる。

やっぱり、同じ事を考える人はいるんだよねぇ。

Photo_2

好きなところに場所取りもらくらく出来て、ひとまずは荷物を置いて、島を探検する事に・・・

島内1周も、あっという間な小さい島だけど、結構、楽しい!

Photo_4

蟹とか、小さい魚とか、たくさんいるし、とてもきれいな海なので本当に気持ちいい。

砂浜の先の小さい茂みを抜けると、岩場が広がるところに出る。

そこがまた、きれい!

この写真は、沖縄なの!?って言っても、通用しちゃいそうでしょ!

とてもきれいな所でした。いい大人たちもシュノーケルをつけて、モリまで持って、魚を取ってました。

すごいよね!

結構、波が強いので、気をつけないといけなそうなポイントだったけど・・・

しばらく、シュノーケルなどして過ごして、島を1周。

その後は、ビーチでのんびり、そして、暑くなると海に入って、とてもゆったり過ごせる素晴らしいポイントでした。

ビーチも空いてるし、また来たいね!と、家族で、大絶賛!(*^^)v

6時くらいに到着したので、流石にお昼の1時くらいでも、十分海を堪能する事が出来た。

海の家も2軒ほどあったが、焼きそば600円、シャワー1000円は、ちょっとねぇ・・・

(^_^;)

という事で、これも計画のうちなんだけど、近くにある温泉に移動して、そこで、残り半日ゆっくり過ごそうというプラン!

館山にある、温泉リゾートで、『里見の湯』という、温泉があるらしく、沖の島からも、車で10分くらい。

簡単に着替えをして、そのまま、温泉できれいさっぱり洗い流す計画!

詳細は、上記のLinkを見てもらえれば、分かるかと思うが、結構な広さの温泉で、岩盤浴もある。

そして、休憩所が完備しているので、海水浴で疲れた体を、そして、朝早くから出かけてきたので仮眠を取れる場所という事で、ここの里見の湯に決定したわけである。

Photo_6 

お腹が空いていたので、とりあえず、さっと温泉を浴びて、速攻、レストランへ集合。

海の家で、500円の焼きそばを食べるより、ここのレストランで子供が食べた800円位だったかな?

天丼の何ともおいしそうなこと!!

そして、上の子は、海鮮丼で、私達は、てんぷら、お刺身定食!

お刺身も、てんぷらも大変おいしゅうございました(*^_^*)

さっぱりして、お腹も満たされれば、もう、あとは寝るしかないでしょ!

という事で、2階にあるリクライニングルームにて、ゆったりと、爆睡いたしました。

リクライニングシートに、各TVが設置してあるので、ゆっくりとTVも見れるのだけど、

私達家族は、ひたすら、爆睡しました。

子供達は、早々に置きだしてTVを見ていたらしいけど・・・

そして、また、私達は、岩盤浴などしたり、温泉をゆっくり堪能して・・・

Photo_8子供達は、夜の9時からの、イケメンパラダイスまでしっかり見て、遊び倒して、里見の湯あとにする。

そして、やっぱり、お腹がすいたので、近くのとんかつ屋に行って、お腹いっぱいとんかつを食べて、ゆっくりと千葉へ帰ったのでありました・・・

たった、一日の夏休だったけど、ゆっくりと、海や温泉、そしておいしいものを食べて、大満足!

子供達も楽しんでくれて、ホント、良かったヨカッタヽ(´▽`)ノ

しかし、ほんと、長い一日でした・・・(;・∀・)

| | Comments (4)

April 12, 2007

ネタ古 Part4 伊豆堂ヶ島温泉旅行 その2

翌日は、日の出を見ながら露天風呂!と楽しみにしていたが、昨夜よりもっとひどい暴風雨・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン 

張り切って、朝5時に起きたものの、吹き付ける雨風に、気持ちは一気に萎えてしまった。

しかし、子供たちを起しつつ、いざお風呂へ!

24時間営業だけあって、いつでも温泉に入れるのは、嬉しい限り。女風呂は、誰も居なく、娘と二人で広い温泉を二人占め!長女などは、温泉で泳ぎまくってた!!(^_^;)

それでも30分位したら、結構入ってきて、しばしの独占貸しきり温泉はあえなく終了。

しかし、窓をあけて、海の波(かなり激しく砕ける波の音・・・)を聞きながら温泉を入って、ちょっとは気分も癒される。雨が多少小降りになったのをいい事に、海に突き出るように作られた露天風呂へ、果敢にも挑戦!屋根はあるのかと思ったが、屋根は無く、雨に打たれながら、それでも、間近で海を見ながら温泉につかることが出来て、とりあえず、満足・・・!?本当に、お天気がよければ・・・・と、思うことしきりである。

そして、朝食を食べて、今回の旅の、私の中での最大の目的!

つまり表向きの目的は、子供たちとの久しぶりの温泉旅行、下の子の小学校卒業記念旅行と称して、実は『裏の目的』、いや、私の長年の夢が叶う瞬間がやってくると思うと、居てもたってもいられない。

もう、察しのいいかたは、気がついてる!?

私の長年の夢! 来たくて恋焦がれていた、それは・・・・・・・

そう、加山雄三ミュージアム!!!

加山雄三ファンにとっては、まさしく聖地! メッカである。

私にとっての3大メッカのひとつ、1つは、加山キャプテンコースト(湯沢にある加山雄三のスキー場である)、そしてこの、堂ヶ島に出来た加山雄三ミュージアム、そして、茅ヶ崎の加山雄三通りである。(※そこの君! まじめに話してるので笑わないように・・・!)

加山雄三通りは、すでに高校生の時に制覇した!

何故、高校生の時かは、だいぶ前のブログに記載したので、以下を参照あれ!

http://alohanakibun.cocolog-nifty.com/aloha/hawaii/index.html

しかし、その後の、2大聖地を私は訪れた事が無かった。スキーは好きでないので、どうも足が向かない、しかし、堂ヶ島の加山雄三ミュージアムは、十分に手の届く距離にある。早く来よう来ようと思いつつなかなかこれなかった。

その夢がやっと叶うのである。気分はハイテンションである!

Photo_132 キター!!

やっと、来れた、感慨もひとしおである。

雨が降ってるがなんのその。子供たちの『えー!こんなとこ行くの?なんでー!』

などの文句も耳に入らない。

『行くったら行くんだよ!』半ば強引に、憧れの聖地へと進んでいく。

もう、後はナニがなんだか・・・興奮していて・・・(;・∀・)

Photo_134 一人で騒いで、口ずさんで、

写真やビデオを取りまくり・・・

お土産しこたま買いまくり・・・・

ヽ(´▽`)ノ

写真の数々を見てもらえれば、といっても、取った写真のほんの一部だが・・・

Photo_138

私の興奮度は十分に伝わるかと思う。(*^^)v

とりあえず、私のあまりのはしゃぎぶりに、家族も半ば呆れつつ、写真撮影に協力してくれた。

しかし、なかなか、加山雄三さんの絵画や、様々なコレクションは、子供たちも楽しんでいたようである!?多分・・・(^_^;)

Photo_140

なつかしい写真や、音楽、そして、加山さんの油絵など所狭しと飾ってあり、加山雄三ファンにはまさしく、楽園である。

Photo_141

そして、最後は加山雄三ミュージアムで、食事まで出来る。

それも、加山さん直伝の料理が食べられるとあっちゃー、食べないわけにはいかんめぃ。

加山雄三プロデュースと題して、特選若大将メニューが味わえる。

私と下の子は、ご存知映画、若大将シリーズで加山雄三の実家のすき焼き屋の田能久のすき焼き丼を、そして、旦那さんは、若大将カレーうどんセット。加山雄三がよく、自家用の船、光進丸で自ら振舞う、カレーうどんを再現したという、このセットを注文。(上の子だけは、普通のカレーだよ・・・(>_<))

もう、どれもおいしかった。カレーうどんは、うちの旦那さんも大絶賛!

是非このブログを読んで、少しでも興味をもった方は是非とも、ご賞味あれ!!(*^^)v

そして、興奮冷めやらぬまま、歩いてお隣の、堂ヶ島『蘭のさと』へも足を伸ばす。

こちらは、とてもきれいで、たくさんの蘭の花が展示されていた。しかし、やはり雨のせいで、全ての施設は開放されていなかった。

Photo_143 Photo_144

Photo_145 お土産に、小さな蘭の鉢を買うことが出来て、こちらも大満足!

そして、雨も最後には小降りになり、バスの出発までしばしの散策。

3時には、はとバスに乗り、東京への帰途に着く。

帰りの道中は、さすがに観光ガイドさんもしゃべらず、音楽や、映画を見るためのヘッドフォンが配られた。まさに、飛行機の機内サービスのよう。

映画は何が上映されるのかと思ったら、寅さんだった!(^_^;)

しかし、つい、寅さんを最初から最後まで見て、帰りの車中まで十分に楽しんで帰ってきた。

本当に、はとバス万歳の、楽しい旅行となりました。

また、加山雄三ミュージアム行きたいなぁ・・・

おまけ

<加山ミュージアムで売ってるお土産>

Photo_146 フフフ・・・・・

| | Comments (8)

April 08, 2007

ネタ古 Part3 伊豆堂ヶ島温泉旅行 その1

先日は、ココログのサーバーメンテナンスのため、24時間近く書き込みが出来なかったようで、大変ご迷惑をお掛けいたしました。ほんと、ここのブログって、結構、こういうことが多くて、折角、日記をアップしようかと思っているときに限って、メンテをしていて・・・ムカつくんですけど・・・(>_<) 引越しも考えている今日この頃・・・

さて、本日アップするのは、3月24日~25日の1泊2日の日程で、家族で行ってきた、温泉旅行の内容である。

今回も、またもや、『はとバス』!もう、はとバス最高!!

今回入った、中伊豆は、電車の便も不便だし、車で行くと渋滞にはまるので、前から行きたかったが、なかなか行けない場所で、昨年末利用したはとバスツアーで、1週間前に、予約をした。やはり、春休みに入っているせいで、料金も高めだったが、宿泊費と、往復の交通費と、楽さを考えれば、お安いものかと、はとバスに決定。

行きは、新宿に集合。

新宿に着いたら、いるわいるわ、こんなにもバスツアーで旅行に行く人って多いんだと実感。一度乗ったら、止められないね。(^_^;)

バスガイドさんの、説明を聞きながら、もちろん隣で旦那は爆睡であるが・・・

途中、サービスエリアなどにも寄りつつ、観光ガイドを聞きながら目的地へ進む。Photo_128

途中までは、雨にも降られず、富士山をバスから眺める。

そして、お昼休憩として、土肥金山の施設で休憩した頃から、雨が降り始める・・・( ̄▽ ̄;)!!

Photo_129 お昼は、朝買っておいたおにぎりやパンなどを食べたので、ここでは食べずに、もっぱらお買い物と見物。そして、わさびソフトクリームをお初に食べた。子供たちは、やっぱりわさびの味がするといって、不評だったが、なかなか、おいしかった!

土肥金山を出てからは、結構な勢いで雨が降る・・・

最近は、旅行に行くたびに雨にやられてる気がする。サイパン然り・・・

折角の堂ヶ島温泉に着いたときは、かなりの風と雨で、外を散策する気も失せるほどである。夕日を眺めての露天風呂はどうやら、期待薄である。…llllll(-_-;)llllll

今回お世話になった、堂ヶ島温泉ホテルは、全ての部屋から、海が見渡せて、お天気であれば、さぞかしきれいな夕日が眺められたであろうに・・・本当に残念である。

ホテルの正面にある、三四郎島にも、歩いて渡れそうだったが、雨で断念。Photo_130

仕方が無いので、私と旦那は、マッサージに行くことに。

本当は、夜が良かったのだがすでに予約でいっぱいらしく・・・

早々にマッサージを受ける。

そして、温泉に入って、楽しみの夕食タイム!

Photo_131 料理は、懐石料理とあって、私たち大人は、数多くの料理を少しずつ楽しみながら、頂く。子供たちも、お肉は無かったものの、姿そのままの海老料理などを堪能。

本当に、もうこれ以上食べられないというほどの量の食事をたっぷりと頂いて、そのまま布団になだれ込む。

もう一度温泉に浸かりたいと思っていたが、結局、そのまま眠ってしまった・・・

(;・∀・) 旦那さんは、2時ごろ起きて、温泉に入ってきたらしい。

ここは、24時間温泉が掛け流しであるので、その点はいいよね。

悲しいかな、折角の、おそらく、今年最初で最後の家族旅行(上の子が今年は受験なので・・・)の初日は、あっけなく幕を閉じた・・・(^_^;)

つづく・・・

| | Comments (5)

November 11, 2006

Hulamama的 サイパンガイド 番外編

長々と紹介してきたサイパンガイドも、いよいよこれが最終編となる。

本当に、楽しかったあのサイパンでの思い出も、すっかり日々の日常に埋もれてしまった。こうやって、アルバムを紐解いて一つ一つの写真を見ながら、懐かしんでいる状態だ。

だいぶ遠い日の思い出のように・・・(^_^;)

さて、この番外編では、今までのガイドでは紹介できなかった、あるいは、アップできなかった写真を中心に紹介していきたい。

主に、宿泊したPICのホテル内の写真などなど・・・

まずは、お世話になったPICの入り口の写真だ。

Pic ホテルに到着するのは、夜だったので、よくわからなったが、ここが私たちを非日常の極楽リゾートへ誘ってくれたホテルの入り口である。

向かいの小さい食料品・雑貨店の前より撮影。

意外と、ござっぱり・・・(^_^;) そして、周りに何も無い事がわかる。

Pic_1 そして、ここが5日間お世話になったホテルの部屋。

ベッドがでかい!二人で寝ても十分な大きさのベッドであった。子供たちもそれぞれ一人が一つずつ使用。もったいないねぇ・・・(^_^;)

各部屋に、どこか、ゴーギャンタッチの絵も飾られていた。部屋だけでなく、廊下にも・・・

Photo_76 そして、ホテルステイで気になるアメニティグッズ。

ラベンダーの香りがする、シャンプー、リンスなどなど。結構好評らしい。

チューブ型が、変わってて面白かった。

そして、これ!

最初見たときは、何かと思ったけど・・・(^_^;)

Photo_77 多分、スリッパだよねぇ・・・とか話しながら、

旦那がしばらく悪戦苦闘・・・(;・∀・)

結局子供たちのほうが早く完成しました・・・

やっぱ、頭が柔らかいのかしら・・・

さぁ~て、完成図は・・・・?????

Photo_80 そうです、これが完成図!

出来上がると、簡単!!なんですねぇ・・・

頭固くなってるよ・・・・・・そこの旦那さん・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン

結局、このスリッパはホテルでは履かずじまい。だって、すぐ、へなぁ~って感じになるので・・・

で、お土産にさせていただきました。はい!(*^^)v

あとは、変わった写真を。

Photo_81 ただの10$紙幣なんだけど、上のほうが、4年前に言ったグァムで使ってきた時の、残りの紙幣。(次回のためにそのまま保管してたの・・・)

そして、下のほうが、今回旅行に行くに当たって、両替していった10$紙幣。

まず、色が褪せたというわけではないだろうが、2色っぽい色合いになっていたり、やはり、偽造防止のためなんだろうか、透かし絵のような模様?もある。ちょっと改めてみて、ビックリしたので、思わず写真を撮ってしまった・・・(^_^;)

そして、次はおかしな看板!Photo_82

帰りの飛行場でのスナップ。

結構ハワイとか観光地で日本人向け?にわざわざカタカナとかで表示してくれてるのはありがたいんだけど、結構、面白いカタカナだったりするのが多い。そんな一つの部類だろう・・・

本当は、『VIP ラウンジ』って書くところが、『VIP ランヂ』って・・・

え、あなた、『ランヂ』ってぇ・・・・・・ラ・ン・ヂ!!

プププ・・・(^u^) 楽しませてもらいました!

そして、いよいよ、これで、このサイパンガイドも、これが最後。

夜な夜な小さな繁華街に繰り出していたHulamama家であるが、ふと、子供たちが星が見ないねぇ・・・などと話をしていた。

そういえば、サイパンで星って見てなかったなぁ・・・確かに、曇りばっかりで、厚い雲に覆われていたので、星が見えなくても不思議は無いのだろうが・・・

そんな中で、見つけた、明るいサイパンの月。

急に視界が開けたように現れた月明かり。思わず、シャッターを切っていました。

きれいに取れなかったけど、私たちの心にはしっかりと焼きついたサイパンの思い出の月です。

Saipan_1

また、来たいね!と、皆で話したあのサイパンの夜。

これから、また、日常に戻って、それぞれが、それぞれの場所で毎日を過ごす事になるんだろうけど・・・

あの日、あの時見た、サイパンの海、サイパンの月、そしてサイパンで楽しんだ思い出を忘れないように・・と、各自がそっと心に刻んだような瞬間であった。

長い間お付き合いいただきましてありがとうございます!

Photo_83

| | Comments (3)

November 05, 2006

Hulamama的 サイパンガイド その6 フラワー編

サイパンガイドも久しぶりのアップとなる。

考えて見れば、丁度1ヶ月前の今日、雨の中、サイパンへ飛び立った日である。

早いもので、帰ってきてから1ヶ月にもなる。 

旅行報告も、残り、後わずかのネタのみとなっており、あと1回くらいかなぁ・・・^_^;

サイパンはいくら雨季だといっても、やはり南国であるから、私の好きな南国の花たちをたくさん見かけた。

最近の日本も、こじゃれた『青山フワラーマーケット』などでは、トロピカルなフラワーたちもお目にかかることもあるが、普通のお店ではなかなか見ることさえできない。

もう、コテコテの色彩豊かで、とても芳しい南国の花たち。

なぜか、と言うよりも必然的に、南国の、鮮やかな色の花たちが好きである。

我が家でも、実際の生花を飾っておく事は出来ないので、造花(造花といっても最近のものは、それはそれは本物そっくりである)を飾って、南国チックな雰囲気に少しでも近づけるよう頑張っている。

しかし、やっぱり、匂いといい、本物には勝てない。

そんな大好きな、プルメリアや、ハイビスカス、ブーゲンビリアなどなど、そんなきれいな花たちを見て、匂いを嗅ぐ!?のも楽しみの一つである。

サイパンにも熱帯植物園なるところもあったのだが、結局天気も悪いし、足も無く、わざわざ、オプショナルに申し込む元気も無く・・・^_^; 行く機会が無かった。

そして、今回は、Hulamamaが、サイパンで出会った、サイパンの花たちを紹介していきたいと思う。(主にPIC内)

Photo_66  これは、トロピカルフラワーの中で一番好きな、プルメリアである。

とてもきれいで、とてもいい匂いのする花である。サイパンでは高い木に育っていて、木の上の花は間近で見ることは出来なかった。

でも、花が木から落ちたばかりあるいは、今落ちたてという、プルメリアの花を拾っては、匂いをかいでは、うっとりしていた。また、一人、落ちたプルメリアの生花を耳にPhoto_67挿してリゾート内を闊歩したものだ。(恥ずかしげも無く・・・^_^; )

でも、ハワイや、タヒチの女性たちはよく、花を髪に飾ってる。それがとてもおしゃれで、きれいで、まねしたいと思っていたが、髪も十分に長くなったので、今はそれが出来る。その事がまたとっても嬉しくもある。

Photo_68このプルメリアは、やはり落ちたての、きれいなプルメリアを拾って、部屋に持ち帰って、灰皿に入れて飾ったもの。

とてもきれいでうっとりする。

プルメリアは日本では、室内で育てないと育たないが、サイパンでも、そこらじゅうに、普通にプルメリアの木があるという、ごくごく一般的な花である。

Photo_69

右側の写真は、PICのホテルのビーチサイドにある、プルメリアの木である。

プルメリアの花が、プールに落ちてぷかぷかと浮いてる様などはとてもきれいである。

Photo_70

そして、左側は、ピンク色のプルメリア。これまた、本当にきれいで、かわいらしくて、大好きだ。

Photo_71

こちらは、名前がヘリコニア?だと思うのだが、やはり、トロピカルフラワーである。

Photo_72 こちらは、レッドジンジャー。これも、きれいな赤い花である。

Photo_73

Photo_74

このピンク色の花は、分からない。

ハイビスカスの仲間の様でもあるが・・・???

Photo_75 そして、最後は南国と言えば、やしの木。

このやしの木があるか無いかで、私のその土地の南国度としてのポイントが違ってくる。

やしの木があれば、もうそれだけで合格点である。

リゾートの中でも、やしの木の無いところもあり、そういうところに行くと、何かちょっと物足りなさを感じてしまう。私の大好きな風景のひとつに欠かせないやしの木。

今こうして写真を見てるだけで、心が癒される・・・

またまた、旅に出たくなってしまった・・・(^_^;)

| | Comments (4)

October 23, 2006

Hulamama的 サイパンガイド その5 海編

今回の旅行では、とても楽しみにしていたサイパンの海だったが、残念ながら、台風の影響で、全くといっていいほど、海は、最低のコンディションだった。

子供たち期待度200%のマニャガハ島も結局いけずじまい。
最終日に一応、マニャガハ島にはいけたらしいが、アクティビティの制限があったらしい。

サイパンのきれいな海を思う存分楽しめなったけれど、それでも、サイパンの海はじゅんぶんきれいだった。

そんな、サイパンの海を今日は、紹介して行きたい。

Photo_50 初日のサイパンは、海に入ることも出来ないくらいの、強風だったが、2日目は何とか、海に入ることが出来たが、さすがに、海の中も、かなりうねっていた。
家族でシュノーケルをしたが、波が荒いので、やはり海の中も舞い上げられており、透明度も悪い。
それでも、結構魚を見つけることが出来たので、じゅんぶんきれいな海なんだということを改めて認識。
それも、PIC前のプライベートビーチである。

Photo_51
それにしても、サイパンで、サーフィンが出来るほどの波を見たのは初めてだ。チューブもできてる。すごい波である。

3日目は朝から雨で、勢いを失った・・・(>_<)

Photo_52 そして、サイパン最終日、ようやく常夏らしいお天気に恵まれて、朝早くから行動開始!
もう、この時点でマニャガハ島はあきらめていたので、せめてPIC前でシュノーケルを楽しむ。

しかし、お天気ひとつでこうも違うのか!とビックリするほどの透明度で、海の色もとてもきれいだった。

さっそく、残り物のパンをひそかに持って海に入る。
ある程度のポイントまで泳いだところで、すでにたくさんの魚に遭遇。

Photo_53 いよいよ、子供たちにパンを配る。

もう、パンを上げたそばから、魚たちが寄ってくる。

今回一番魚としての数が多かったのは、体全体が細長く、口の長い、サヨリ?または、ダツの仲間と思われる魚だ。
この魚は、水の表面下を泳いでおり、色も一見薄い水色のようで、海の色と一体化しているようだが、たくさん泳いでいた。

Photo_55  Photo_56後でネットで調べたのだが、結構危険な魚らしい。(>_<)

夜など、ナイトダイビングで潜ってライトなど照らしてると、その明かりを目指して突進してくるらしく、体を傷つけられるらしい。
でも、昼などはかすられもしなかったけどねぇ・・・(^_^;)

このサヨリもどきも、よく細長い口で食べていた。

Photo_57 そして、お次の魚はこれ、カワハギとか、ブダイとかの仲間だと思うのだけど、正式名称は分かりません。結構しっかりとした口で、かまれると痛いんだけど、上の子は果敢にも直接パンを手渡しで食べさていました。

PICのお客たちにだいぶ餌付けされてるんだろうなぁ・・
結構、皆人間を怖がらずに、近寄ってきていたから。

Photo_58

そのほかの写真も撮りたかったのだが、なかなか、水中写真は難しい。特に、シュノーケーリングだとね・・
体が浮いてきてしまって。難しい。
また、残りのデータがなくなってしまい、それ以上の枚数が取れず残念。

ひとしきり泳いで楽しんだので、そろそろ他の遊びをしようと、岸に向かって泳いでいる途中で、すごいポイントを発見!!

珊 瑚のテーブルのような、ちょっとした魚たちの家があって、そこにはイソギンチャクもいたので、クマノミ系や、コバルトブルーとか、ルリスズメ?や、チョウチョウウオ系の魚たちもいるポイントだった。

これは、もう!大変とばかりに、子供たちを呼び寄せ、子供たちは、そこで待機するように伝えて、マリンセンターまで餌付け用の餌をもらいに、一目散に岸まで泳ぐ。そして、餌を携えて、そこのポイントまで戻る。

そして、また、しばらく、子供たちと餌付けを楽しむ。

とってもきれいで、魚たちもきれいで、なおかつかわいい!
カメラで取れたらと!残念でならない。

時間のたつのを忘れてしまう子ほど熱中した、シュノーケルでした。

Photo_59PIC前の海でこれだけ、きれいでこれだけ魚がいるのだから、マニャガハ島は、どれだけきれいな想像に難くない。

短い時間だったが、子供たちも十分楽しめたらしく、シュノーケーリングが、今回で一番楽しかった。との事。後は、体験ダイビングなどもやってみたいとの事なので、親子一緒にダイビングと言う夢もそう、遠くない未来に実現できるのかもしれない。

こうなると、俄然、また、家族で旅行に行く楽しみが増えるなぁ!

Photo_60

そして、最後のおまけに、ヤドカリの写真もアップ!

ヤドカリ君たちがたくさん歩いていました。じぃ~としていると、砂浜にチョコチョコ動くものを発見したりする。

下の野球少年が、事もあろうに事に、無理やり裸!?おうちを奪ってしまいました。

Photo_62 

なんか、かっこ悪いヤドカリ!

台風の影響で、浜辺には逆に海からの贈り物が多くあった。

貝殻もたくさん拾えたし、砂浜も白の砂でとてもきれいだった。

あぁ~もう少し、晴れてくれてればなぁ・・・是非リベンジしなければ!!

と強く心に誓う。

まだまだ、つづく!!

| | Comments (3)

October 22, 2006

Hulamama的 サイパンガイド その4 ショッピング編

日本人は、とかく海外に行くとショッピング!買い物!ブランド!と走るようだが、
やはり、Hulamama家でもショッピングは、海外旅行の楽しみである。
でも、うちはブランド物には一切目もくれない・・・貧乏だし・・・(;´д`)

と、どこに走るかと言うと、やっぱり、その地でしか買えない、掘り出し物とか、日本で買ったら高そうな物とか、海外の日用雑貨などを見るのが大好き!
とにかく、スーパー大好きっ子である。

後は、ご多分に漏れず、Hawaii大好きな、アロハなHulamamaは、やはり、アロハちっく (どんなんだい?(・∀・;)な商品にどうしても目が奪われてしまう。

今回のサイパンでも、もちろん、毎日、スーパーなどに繰り出しましたとも!ハイ!!(≧∀≦)ノ

でも、前回のレストラン編でも記載したとおり、サイパンは、全く持って、素朴で、のどかな島だ。グァムに比べても、ぜんぜんお店の数も少ない。お店が集中してるのは、ガラパン、などの中心部に限られる。

後は、海沿いの北部、中心部、南部と走る道路の沿線に、点々と点在しているくらいだろう。
海沿いの反対側、あるいは、中心部のほうは、観光客はほとんど立ち入らない場所だろう。
主に、現地の人たちが暮らしている場所になる。
帰国日の飛行場に向かうバスで、その道を走ったが、本当に、素朴な町並みであった。
うっそうとしたジャングルもたくさんあって、横井さんとかがいても不思議は無いと思えるくらいであった。(^_^;)

さて、話を戻すが、一般の観光客としては、ガラパン、ススペ地区の繁華街(と言ってもほんのちょっとだが・・・)で、大体の買い物が出来る。

町の中心部へ出かけるる場合、中心部に位置するホテルに泊まってる人は夜毎、また、朝の朝食を食べに、あるいはランチにと、あちこちに行けるからとても便利だが、中心部以外のホテルの泊まってしまうと、本当に、でてくるまでは周りに何もない。

今回、北部地域は立ち入ってないので、コメントできないが、南部地域、特にPICは、何も無かった。
強いて言えば、ホテル前に、2つの小さなコンビニみたいなお店が並んでたってる。好奇心で立ち寄ったが、なかなか入るには勇気がいる店である。

どちらも同じような内容の商品を売っていたが、飲み物などを買うには十分。スナック菓子などもそろうし、日曜雑貨もあった。あ、確認しなかったが、多分、洗剤とかもあったと思う。
なので、多少は、ここでまかなえると思う。

しかし、やはり、お土産屋さんや、しゃれたお店などは何も無いので、中心部まででる事になる。

◆サイパンの足は、シャトルバル、DFSへの無料タクシーなどを使い倒すべし!◆

レンタカーを借りるというのも手だろうが、ほとんど小さい島で、色々と観光地を巡る必要が無ければ、シャトルバスで十分である。

シャトルバスは種類が2つある。

●イブニングシャトルバス
●DFS(Duty Free Shoppers)のシャトルバス

イブニングシャトルバスは、南部ルートと北部ルートがあって、それぞれの地域に点在するホテルにとりあえず停車して、DFSまで、運んでくれる。もちろん、途中のホテルでも下車できるので、例えば、私が、南部ルートのシャトルバスにPICから乗れば、途中のワールド・ホテルで下車できるので、そこのホテルで食事をしたり、遊びにいけたりする。また、その前のショッピングセンターなどにも行く事が出来る。
DFSを折り返し地点として、DFSに終結すれば、また、自分のホテルに戻る事が出来る。

ただし、このシャトルバスは、名前の通り、イブニングからの運行になるので、大体、始発地点の出発が16:30分位になる。(^_^;)

DFSシャトルバスは、いわゆる、Duty Freeに行く人のためのバスなので、それぞれやはり南部行きと北部行きで、DFSに行くまでは途中下車できず、各ホテルから乗って、DFSまで行く。そして、帰りは、DFSから、各ホテルで降りる。
サイパンのお店は夜が早いので、10時位までしかシャトルバスは運行していないので、帰りの時間はくれぐれも気をつけないといけない。

また、そのほかにも、DFSに行くだけだが、各ホテルのベルボーイにDFSに行きたい旨を伝えると、無料で行きのタクシーが利用できる。

DFSへ行くと、タクシーの運転手は、受付の係員より何かチケットのような物が手渡され、DFSより料金が支払われる仕組みとなってるようだ。
この無料タクシーは、イブニングシャトルバスが夕方からしか運行してないので、昼間などに中心地に行く時など便利だし、シャトルバスは、大体30分単位での運行になるので、バスを待たないでなどと言う時にも便利である。

いずれにしても、この3つの方法で遠くの観光地に行く以外であれば、十分足としては機能する。
Hulamama家もこれで毎日移動した。タクシーも2度ほど使ったよ!タクシーを使うと、現地のにおいと言うのがもろに感じられて、なかなかいい。まず地元のラジオをたいていの運転手がかけてるから、それを聞いてるだけで楽しい。また、バックミラーには、マリア像のペンダントがかけらていたりして、お国柄が偲ばれる(^^ゞ
こういった、無料タクシーであれば、安心してどんどん利用するといいと思う。

◆いわずと知れた海外でのお買い物天国 DUTY FREE SHOPPERS サイパン!◆

Dfs ここの説明は要らないですね。誰もが知ってる、何でもそろう、DFS! Hulamama家でも、交通手段の関係で毎日行きました(^_^;)

でも、JACK POT?などと言うスロットゲームが毎日1回楽しめるので、毎日通ってはゲームをして、勝利となると、色々な割引チケットがもらえる。
例えば、$25以上買うと$10引くとか、$10以上買うと、$5引くなどのクーポンをゲットした!これで、だいぶ得をしたヽ( ・∀・)人(・∀・ )ノ 
マンダラスパの10%オフクーポンももらったしネ♪

でも、買ったのって、お土産のチョコと、サイパンだのキーホルダーとか・・のみ。

◆地元のスーパーは必ず覗いて見るべし! ハファダイショッピングセンター、ジョーテンショッピングセンター!◆

Shopping03_1Hulamama家が毎日といっていいほど、通ったのが、ガラパン地区にあって、DFSの目の前に位置する、『ハファダイショッピングセンター』である。
ここは、ちょっと観光客向けになってるが、お土産から、衣類(Tシャツ、水着などなど)ビーサン、ビーチシューズ、シュノーケル、マスク、文具、家庭用雑貨、シャンプーリンス、洗剤から、食品、ジュース、お酒、アイス、パン、おにぎり、お弁当、生鮮食品、フルーツなどなど。
本当に何でもそろう。隣接するホテルに宿泊すれば、もう手ぶらでサイパンに行っても大丈夫なくらいである。
Hulamama家でも、初日の夕方からお食事兼、買出しに出かけ、滞在期間の飲み物などはここで調達してきた、グァバジュースや、マンゴージュース、旦那は珍しそうな海外のコーヒー飲料、そして、パンやおにぎり、スナック菓子。

そして、旦那が驚いていたのが、肉の値段、もうでっかいビックサイズのトレーに山盛りのステーキ、さっき食べてきたステーキよりはるかにでっかいサイズの肉が、$3とかで売られてるのを見て、ほんと、バーベキューセットを買って焼いて食べたい!とマジで思ってしまいました。

やっぱり、海外のスーパーで一つ一つの商品を見てるだけでも楽しいし、掘り出し物を見つけたときの、やった!と言う感じが大好きである。

そして、もう一つ同じ系列の『ジョーテンショッピングセンター』がある。
こちらも滞在中1度だけ行ったのだが、場所は、サイパン・ワールド・リゾートの目の前にある。

ここのホテルや、サイパングランドホテルに宿泊してる方は、是非とも行かなければ行けない、Mustである。

ここは、ハファダイショッピングセンターよりも大規模になっており、より地元密着型のスーパーである。
置いてある商品も、ハファダイショッピングセンターの品揃えに加えて、更には、家電製品、化粧品、衣類が充実してるし、食器などなど、ありとあらゆる物がそろってしまう。売り場面積も広い。また、地元のお客も多くいる。

ハロウィンの時期が近かったせいもあり、本場のハロウィン商品がたくさん売っていた。
きっともう少し時期が遅いと、今度はクリスマス商品が並ぶんだろうなぁ・・・

何時間いても飽きないくらいのHulamamaにとっては大好きなお店である。

また、このジョーテンショッピングセンターの並びには、いかにも昔からありますというような、お土産屋さんもあって、ぶらりと入ってみたが、店員のおばさんが、『実弾射撃できるよ、ポルノもあるよ・・・』!!って、家族連れで入ってるのに、なんてことを言うのだろうと、びっくりしたものだ。(´;ω;`)ウッ…

他にもお店やレストラン、焼き肉、ピザ店なども立ち並んでいたので、サイパン・ワールド・リゾートに宿泊してる人は、結構便利だと思う。

◆Hawaii大好きっ子は必ず寄るべし! ABCストア◆

サイパンには、2店舗あるのだが、1店舗は、DFSの目の前なので、Hulamama家は、このDFS、ABCストア、ハファダイショッピングセンターのトライアングルショッピング地帯を楽しんだ事になる。

ここの説明も要らないと思うが、主な商品はほとんどHawaiiと同じような商品が買える。そして、後は、サイパンならではのお土産品や、食料、お酒。などなど。
お酒は、上記のスーパーに比べて、お土産用にミニチュアサイズの物も置いてあるので、ホテルでちょっと飲むのに、手軽に買うにはもってこいである。
自宅のお土産に飾っておくにもピッタシかもって、思ってたんだけど、買うの忘れた・・・(;´д`)
安いし、大量のお土産などそろえる場合などもちょうどいい。

また、サイパンには、123ストアなるものがあった(・∀・;)
こちらも、ガラパンで、ハードロックカフェ側の真正面にある。

これって、ABSストアに対抗してるの?って感じの安易なネーミングである。
一度入ったが、閑散としていて、別に特別どうと言う事も無い、普通のお土産屋さんであった・・・

◆PIC内ブティキも夜遅くまでやってるので活用するべし!◆

また、Hulamama家は、PICに宿泊していたので、このPIC内にある、ショップ 『ブティキ』は、お世話になった。
こちらも、こじんまりとしていながらも、色々と商品を取り揃えているので、ちょっとした買い物や、ちょっとしたお土産にはとても便利である。
特に、Hulamamaが助かった商品は、会社用のお土産に、個別包装してある、2個?入りのマカダミアナッツ入りのチョコレート土産である。
手渡しで、それぞれに渡してあげられるので、箱買いで、1個ずつ配るよりは、ちょっとグレードアップ?(どこが・・・(;´д`))した感じで配れるので、重宝させてもらった。
お土産忘れの、最後の駆け込み寺とでも言おうか!?(^_^;)
ジュースなども置いてあるので、PIC内で遊び倒して、外には出かけない派にとっては、とても助かるお店である。

とまぁ、シッピング編も長くなってしまったなぁ・・・(´;ω;`)ウッ…

読んでる間に眠くなっちゃうねぇ・・・

でも、まだまだ・・・・

つづく!

| | Comments (7)

October 19, 2006

Hulamama的 サイパンガイド その3 レストラン編

さて、今宵は、レストランのご紹介と致しましょう!

しかし、写真を見てると、おなかが鳴りそう・・・(^_^;)

◆事前に口コミ、クーポンなど利用できるものが無いかチェックをしておくべし!◆

やはり、サイパンの場合は、コンドミアムタイプのホテルは少ないので、食事は3食、外食が基本になると思う。

スーパーもあるのだが、やはり、キッチンが無いので、作って食べると言うのは期待できない。せいぜいコーヒーメーカーでお湯を沸かしてカップラーメンくらいが関の山。

3食を外食となると、家族4人だと相当な出費は覚悟しなければいけない。

また、ホテル内のレストランだと、夜は、軽く$30~$50は、掛かる。やはり、中心部の繁華街のレストランでおいしいところを発掘するしかない。

ツアーで行けば、クーポン券や、クレジットカードの海外サービスの資料を請求すれば、割り引きなどを紹介した小冊子ももらえる。また、サイパンについたら、空港内にも無料のガイドブックがおいてあり、そこにもサイパン情報や、お得なクーポンが掲載されているので、是非とも空港に着いたら手に入れて欲しい。

◆サイパンは、グアムと比べるとぐっと田舎である事を心得るべし!◆

サイパンは、実際に行ってみると、本当に、のどかである。繁華街、中心部と言っても、あっけに取られる位、こじんまりしている。ホテル以外は、2階建て以上の建物がないといっても、言い過ぎで無いくらいである。

ガイドブックなどみて、グァムやら、ハワイなど想像していくと拍子抜けにあう。

え?ここが?・・・・と言うのが正直Hulamamaの感想だ。

だから、レストラン自体も、数が知れている。やはり、中心部のガラパンに集中しているので、一回り見てからお店を決める事も出来る。

◆サイパン1回目のディナー・・・カントリー・ハウス・レストラン(ステーキハウス)◆

やはり、海外に来たら、一度はステーキでしょう!と言うか、旦那のたっての希望です。(^_^;)

ここも、やはりガラパン、中心部のレストランです。日本人もたくさん来ています。

私たちが、到着したのは、6時過ぎくらいだったので、まだ、席も十分空いていたのですが、7時過ぎになると、わらわらとお客が増えてきて、待っているお客さんもたくさん!Photo_43

左は、クーポンでゲットした、オリジナルドリンク1杯サービスのもの。

グァバジュースをベースにしたおいしいジュースでした♪

そして、やっぱり海外に来たら、Beerも海外流に!Beer_1

と言う事で、バドライト!

ほんと、軽くてクイクイ飲みやすい。

大好き!

そして、待ってました!真打登場!こちらは、旦那が頼んだ、Tボーンステーキ。

T_2

旦那、大満足で食べてました。子供たちは、ハンバーグステーキや、カットステーキ、そして、私は、テンダーロイン。

ディナーでは、スープや、サラダ、パン又はライスがつきます。サラダもビッグサイズ!

大満足の夜でした。ヽ(´▽`)ノ

◆2回目のディナー・・・ご存知、ハード・ロック・カフェ(アメリカン料理)◆

Photo_44 ここも、やはりガラパンのDFSの中にあるので、買い物帰りなどに最適なロケーションである。子供たちが、ハンバーガーが食べたいと言う事もあり、決定!

ここは、ハンバーグが$12前後で食べられる。また、お持ち帰りが出来る、ピルスナーPhoto_45 と、ショットグラス、それぞれ、$14.5と$9.5で、中味付きなので、飲んだ後、新品のグラスをくれる。

頼んだところ、結構大きなピルスナーであった!記念にいいよね♪

そして、また、ここのレストランは、結構広いステージがあって、そこで、毎晩?かどうかは分からないが、私たちが行った時は、ライブステージがあった。日本語が上手な外人さんが楽しいライブを繰り広げてくれた。

私と、下のPhoto_46子は、なにやらショーが始まったときに、ステージに引っ張り上げられて、

ウェイターたちと一緒に『YMCA』を踊らされてしまった。ビールも飲んでほろ酔い気分のHulamamaは思いっきり楽しんでしまいました。

そして、うちの旦那さんは、ステージで外人さんと二人で、ライブパフォーマンスを・・・(;・∀・)

お得意の曲なのですが、相方が、いまひとつ、曲が分からず、お店にいた客は、最初は『え?誰?日本の歌手?』とか、ざわついていたのが、ちょっと引き気味に・・・( ̄▽ ̄;)!!

ま、何とか歌い終わることが出来ましたが、なかなか、楽しませてもらいました。

陽気な店員たちで、大盛り上がりの夜を楽しむ事ができ、これまた満足、満足!!

◆サイパン 最後のディナー ・・・テイスト・オブ・インディア (インド料理)◆

サイパンで唯一の本格インド料理店だそうで、これまた旦那が食べたいと言う事で、決定。

サイパンは、韓国人の旅行客も多く、焼肉屋なども多い。また、中華料理、ステーキハウスなどもあるのだが、上のお姉ちゃんが、焼肉食べられないなどという、わがまま娘なので、焼肉に後ろ髪を引かれるHulamamaだったが、泣く泣くあきらめる。

家族全員楽しめるインド料理へいざ出発。

こちらも、中心部のガラパンにある。DFSからはちょっと歩くが、新しいリゾートホテルの、フィエスタ・リゾート&スパ・サイパンの目の前にある。途中、いかがわしいお姉ちゃんが数多く客引きをしている中を通り抜け、目的のインド料理屋を目指す。

Photo_39

ちょっと、あまりにも閑散としていたので、入るのをためらったのだが、勇気を出して店内に入る。

インド人の店員さんだったが、日本語もよく分かるらしく、親切に教えてくれる。

チキンカレーを4人分頼んだら、チキンカレーを4つ頼まないで、他にもPhoto_47 Photo_48 Beefや、シュリンプ、など色々あるから、色んな種類を頼んでシェアしなさいと、やさしくも忠告してくれたので、それならばと、子供たちはチキンカレーで、旦那がマトン、私がシュリンプカレーを頼む。値段も、$10前後である。タンドリーチキンも頼んだが、とてもおいしかった。

Photo_49 カレーも、とても口にあって、おいしく頂けた。それぞれチキンにしても、マトン、シュリンプにしても、これでもかって、具が入っていて、すっごいおいしい。

子供たちも大感激で、引き返さなくて良かったと改めて思った次第。

また、旦那さんがチャイを頼んだのだが、すごい高さから、ティーカップ目指して、お茶を注ぐ職人技を披露してもらって、拍手喝采であったヽ(´▽`)ノ

とってもおいしいから、また行きたいなぁと思うのだが、ここは、更に悔しい事に、朝のビュッフェが$3.95で、ランチが、$7.95で食べ放題らしい。

また、おいでと言われたのだが、次の日は帰国日だったので、行く事が出来なかった。

残念!

フィエスタ・リゾート&スパ・サイパンホテルに宿泊の方は、毎朝食、通ってもいいくらいおいしかった。

最初の日は、深夜に到着なので、機内食だったため、結局ディナーは、3回だけである。

また、昼も、スーパーで買った、おにぎりやパン、日本から持っていったカップラーメンで、外に出る事も無かった。

帰国日のお昼だけは、外で食べたのだが、DFSの裏口の目の前にある、中華にした。

名前も忘れたが、$5.50のランチセットがあった。

ウーロン茶、杏仁豆腐のデザート付きで、酢豚か、から揚げか、チンジャオロースのどれかと、野菜の胡麻和え?とご飯のセットだったので、かなりお得だった。でも、クレジットカードが使えず、日本円OK!との事で、日本円で支払、4人で2700円也!

余談だが、ここは、トイレは使わないほうがいいらしい。DFSで済ませて欲しい。

(※なぜなら、旦那が入ったのだが、トイレをした後の紙が流してはいけないらしく、拭いた紙はこちらにと、丸見えのゴミ箱に捨てるらしい。すごい衝撃を受けて旦那はトイレから出てきた・・・・(^_^;))

と、最後は、ちょっと話がそれたが、今回の旅行で食べてきたレストランはどれも、Hulamama家では、全て口にあって、おいしく頂く事が出来た。

残念ながら、ディナーショーとか、BBQなどは体験できなかったが、総じて満足出来たので、よしとしよう!ヽ(´▽`)ノ

書いてたら、本当におなかがすいて来た・・・(;・∀・)

・・・つづく。

| | Comments (4)

October 17, 2006

Hulamama的 サイパンガイド その2 ホテル編 PIC

ようやく、このお休みで、スーツケース等々は片せたし、旅行の収支決算も何とか、計算を終える事が出来た。ふぅ~、ヤレヤレ・・・(*´Д`)

さて、前回に引き続き、この回では、主にホテル関係について書き連ねてみたい。

と言っても、滞在地のPICの情報ばかりになってしまうが・・・

今後PICに行かれる方は、ご参考頂ければ嬉しい。

◆ホテルは目的に沿って選ぶべし!◆

やはり、なんと言っても旅行の中で重要なポイントになるのは、滞在ホテルである。どこのホテルを選ぶかによっても、全然旅行の内容、雰囲気自体変わってしまうと言っても、過言ではない。

一日中ホテルにはいないし、帰って寝るだけ!と豪語する御仁には、まぁ関係ないが、ゆったりとくつろぐ目的であったり、家族連れであったり、ハネムーンナーなど、など、一緒に旅行する人の関係によっても、また選ぶポイントが違ってくると思う。

また、アクティブに動き回る場合でも、買い物に便利な繁華街の近くがいいとか、静かなリゾートを求めるなら、喧騒を逃れてた場所を選ぶ・・・などなど、本当に、色々と目的によっても変わってくる。

Hulamama家は、やはり家族旅行になるので、家族に優しい、家族連れでも楽しめるホテルと言うのがひとつの、基準となる。

また、4年前に、家族でグァム旅行をした時に泊まった、PICが、子供たちのいたくお気に入りになり、しばらくは『PIC!PIC!』と連呼しており、今回のサイパン旅行の計画を伝えた時も、真っ先に『PIC!』と、一刀両断である。

そんな訳で、我が家はほとんど、検討する暇もなくPICとなってしまった訳である・・・(^_^;)

◆部屋指定が出来なくてもどんどんリクエストするべし!◆

ツアーの料金にもよるが、安めのツアーはやはり、部屋指定できない。海側の部屋になるか、山側の一向に眺望の良くない部屋になるか現地に行かないと分からない状態が常である。料金的に許せば、そりゃ、高層階のオーシャンビューが一番言いに決まってるが、家族4人で行く旅行、行くだけで大騒動なので、そんな高いツアーには当然申し込む事が出来ない。

が、できれば、家族連れで、ホテルにもしあれば、コネクティングルームの希望を出す事をお勧めする。

ただ、単純に部屋が隣どおしと言うのではなく、中の扉が自由に行き来が出来るようになっており、今回の旅行でも、コネクティングルームで大正解であった。

もちろん、前回の旅行では、子供たちが小さかったこともあり、ダブルサイズの2Bedのワンルームに、それぞれ二人づつ寝たのだが、さすがに、もうここまで大きくなると、2部屋取らなければ無理である。

中扉で自由に行き来が出来るので、通常は開け放った状態で(もちろん、鍵を閉めておく事も出来る)いたので、2つのお風呂(トイレ)を効率よく使用できたし、大きくなったとはいえ、まだまだ手が掛かる子供たちの世話をするのにも好都合であった。

ただ、このコネクティングルームを取ったが為?に、眺望は惨憺たるものだった・・・    

        ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

Photo_32 左の写真が、ホテルのベランダから見た、左側の風景。

部屋は2階で、目の前は、ゴルフのパター場。

Photo_33 そしてこちらは、右側の風景。

こっちは、アーチェリー場。いつも人がいて、ガイドをしてる、PICのメンバーと良く目が会う! こういうときでも、愛想がいいので、手など振ってこられるのだが、ちょっとねぇ・・・(;・∀・)

◆ホテルの施設などの情報はガイドブックやネットの口コミで調べるべし!◆

昔は、現地情報はガイドブックなどでしか、知る由が無かったが、最近はネットで検索すれば、サイパンに関する情報はたくさん出てくるし、口コミ情報もたくさんある。やはり、実際に現地に訪れた人の生の声を聞くのが一番確実である。

サイパンのホテルは、大まかに言うと、南部地域、中心街、北部地域に分けられて、今回Hulamama家が泊まったPICは、南部地域のホテルに位置する。

北部地域のホテルへは、今回全く行かなかったのだが、12~13年前に一度、『ホテルニッコーサイパン』に泊まった事がある。あそこもきれいなホテルだが、周りは何も無い。

それでも、その時は、ホテルの目の前に、『サンロケ』というショッピングモールなどがあり、これからどんどん発展していくと言うようなふれこみだったのだが、結局つぶれてしまったらしく、今回の旅行の時にはすでに無かった。

どちらかと言うと、ゆったりとした豪華なリゾートホテルが立ち並んでいる。

そして、南部地域のホテルは、数的には少ないが、新しく生まれ変わった、最大規模のウォーターパークを併設した、サイパンワールドリゾートなどがある。このサイパンワールドリゾートはちょっと、遊びに行ってみたいところかもしれない。

◆PICのアクティビティはすべて遊び倒すべし!◆

そして今回Hulamama家御用達のPICは、なんと言ってもウォーターパーク(ワールドリゾートより規模は小さい)と、アクティビティを兼ね備えた、クラブリゾートである。

よくある、Club Medみたいなものである。

宿泊客は、全てそこのアクティビティは無料で使える。(一部有料のもあるらしい?)

今回のように台風で雨ばかり降ってるようなときは、ここのように施設内にも、楽しめるゲームなどあるホテルだと、退屈しない。

また、小さい子供連れなら、キッズクラブもあるので、子供たちを預けて、大人たちの時間をもつ事もできる。

アクティビティと言ってもたくさんありすぎて、我が家でも全ては網羅できなかったのだが、簡単に列記すると・・・

卓球、ビリヤード、チェス、ゲーム台、ジェンガ。

Photo_34 アーチェリー、ゴルフ打ちっぱなし、ゴルフパター、テニス、バスケットボール。

クライミングウォール,、ビーチバトミントン、ビーチバレー。

Photo_35 セイリング, ウィンドサーフィン, ウォータースライド, スクーバダイブ(プールレッスンのみ), 水Photo_37中バスケットボール, ジャクジー、スノーケル, カヤック, 水中エアロビクス、レイジーリバー,ツナミフォール,ポイントブレイク,エアロビクス,渦巻きプール

Photo_36

などなど。遊びきれないよ!(;・∀・) って感じで揃ってる。

上記のアクティビティの中には、無料のレッスンなども用意されており、テニスレッスンなどもあるとの事。クラブメンバーが色々とお世話をしてくれたり、盛り上げてくれるので、一人でも楽しめる。

また、テニスなどは、靴も靴下も、ラケット、ボールに至るまで全て無料で貸し出してくれる。手ぶらでテニス!とは、このことだ。(^_^;)

もちろん、シュノーケーリングも、フィンや、水中マスクなどのほかに、魚の餌付けようの餌まで、もらえた!

Hulamama家では、卓球などでは、ずいぶん盛り上がって楽しんだものだ。また、雨の中、家族4人で、水中バレーで大盛り上がり!などなど、楽しく過ごさせてもらった。

とにかく、このホテルに泊まっていれば、とりあえず退屈しないで過ごせる事間違い無しである。

また、ツアーとして、PICに他のホテルからオプショナルで遊びに来る人たちもいるくらいであるから、その施設の充実さは、お分かりいただけるかと思う。

宿泊客は全てただ!で利用できるのだ。

また、プール用のタオルも貸し出してくれるのだが、濡れたら、何度でも新しいホカホカのタオルと交換してくれる。これもとっても助かるサービスである。

◆朝食付きのシルバーカードは利用するべし!◆

PICのシステムの、Club Medとの違いは、食事が全てついているわけではないと言う事だ。

Club Medは全ての食事が含まれているが、PICは、シルバーカードと、ゴールドカード、と、宿泊のみとなっており、シルバーカード会員は、毎朝食がつき、ゴールドカードは全ての食事つきを示す。

Photo_38サイパンのPICは、やはり立地から言って、周りにはほとんどお店が無いので、朝起きて、どこかに食べに行くと言うのは、なかなか難しい。レンタカーでも借りていれば別だが・・・

Photo_40

やはり、朝食はホテル内で食べる事が多いだろうし、そのほうが楽である。と言う事で、Hulamama家もシルバーカードを追加で頼む事にした。大人朝食1回分、2250円換算になるが、食べ放題なので、十分元が取れるくらい食べる事は可能である。

うちの下の息子などは、ワッフルが気に入ってワッフルばかり食べていたが、小学生までは、1125円となる。

ジュースもフレッシュジュースなども用意されて、コーヒーなども飲み放題、フルーツもたくさんで、丸ごとのりんごなどわんさかある。

韓国人の旅行客が多いのだが、何故か韓国人は、丸ごとりんごを5~6個皿に持ってきて、食べていたのは、強烈的だった。そんなにりんご好きな国民なのか??(^_^;)

また、その場で作ってくれる、目玉焼きや、オムレツのサービスなどもあって、朝だけでおなか一杯である。そのお陰で、お昼は、日本から持っていったカップラーメンや、スーパーで買った、パンなどで軽く済ますことが出来た。

夜は、$40位するようなので、一度もホテル内では食べなかったが・・・(^_^;)

朝食はとって、損はないかと思う。

◆その他の施設もどんどん活用すべし!◆

そのほかの施設としては、インターネットルームも併設していた。

PC自体は、2台しかなのだが、それほどいつも混雑していると言うわけではなかった。

30分 $5は、高いか安いか?だが、そのお陰で長女は、日本の友達にメールで近況を伝えられたし、Hulamamaは、ご存知の通り、サイパンからブログの更新が出来たし、旦那は、Yahooオークションのチェックが出来た!(^_^;)

そして、マンダラスパ!

Hulamamaも始めてながら、マンダラスパ!を体験してきましたヽ(´▽`)ノ

10%割引券もあったことだし、天気が悪くて・・・と言う事もあり、施設内にあるスパで、しっかりヒーリング、疲れを癒してもらいました。ちょー気持ちよくて、最後は、夢ごごち(^_^;)

また、これまた、大変お世話になったコインランドリー!

毎朝、洗濯していました。(;・∀・)

クォーター(25セント)3枚が必要なので、たくさん両替してもらって、洗濯1回につき、25セント3枚で、75セント。約25分間で洗濯完了した後は、再度、25セント3枚、75セントで、乾燥をかける。約45分で完成!!

すっかりほっかほっかでいい気持ちに仕上がる。合計、1ドル50セントで、洗濯・乾燥が出来る訳だ。

結構大きな洗濯機に、乾燥機なので、かなりの容量をいっぺんに洗濯する事が出来る。このコインランドリーのお陰で、チェックアウトの寸前まで洗濯をして、帰国してからほとんど洗濯しなくてもいい状態だったので、帰ってからとても楽であった。

洗剤も、1ドルでフロントで購入できるとの事。

◆ナイトライフも思いっきり楽しむべし!◆

PICの夜はにぎやかである。

昼間、アクティビティでお世話になった、クラブメンバーが、夜はエンターティナーとして、ショーを楽しませてくれたりするらしい。

Photo_42また、プールサイドのプールバーでは、バンドが夜毎演奏を繰り広げ、よくよく聞いていたら、客のリクエストに応えて、カラオケなどしていた。

また、テニスコートなどは、10時か11時くらいまでオープンしており、夜遅くまで楽しめる。

プールも10時近くまで、ライトアップされたきれいなプールで泳げる。

もちろん、卓球などのゲームも然りである。

ホテルの外に食事に出かけた後で、またホテルでひと遊びも可能である(;・∀・)

詳細は、PICサイパンのブログもあるようなので、そちらをご参考!

すっかり長くなってしまったが、最後まで読んでくれてありがとう。

でも、またまだ・・・

・・・つづく。

| | Comments (2)

October 14, 2006

Hulamama的 サイパンガイド その1 飛行機編

帰国して、5日だが、まだ疲れは取れないし、荷物は片せてないし、家の中はすごい事になってるまま・・・(^_^;) 衰えを感じる今日この頃。

さて、サイパン旅行での色々なことをガイドブック風!?にまとめてみる事にしてみた。

その1回目は、飛行機でのあれこれについて。

何回まで続くかは未定・・・(;・∀・) 気長にお付き合いください。

◆目的地を決めるところから旅行は始まってると心得るべし!◆

旅行と言うのは、旅行に行く前から始まっていると言っても過言でない。

旅行に行く前の計画、あるいは行き先などを決めるところからすでに旅行は始まってるのである。

もちろん行き先の決め方は個人個人の希望や、行った先での目的によっても違うし、予算や、日程、また行きたい先の気候(雨季、乾季)によっても変わってくるが、そこを考えるのがまた楽しい。

◆マイルを貯めるため、お気に入りのキャリアを持つべし!◆

Hulamama家では、上記の理由に加えて、まずマイレージを貯めていると言う事もあって、キャリア(航空会社)については、ものすごく重要なファクターとなる。

NW(ノースウェスト)航空のマイレージを貯めているので、NWが飛んでいるところでないとだめである。また、ツアーでも、NW指定を探す。もちろん、NWでも独自にツアーを組んでたりするので、そういったツアーから好みのツアーを探していく。

このマイレージは、バカに出来ない。すでに、私たちのハネムーンの時も、私のマイレージでハワイに行った。フリーチケットだ!

そして、当然のことながら(;・∀・) 私は、NWのワールドパークスのJCBカードに加入してるので、お買い物のたびに、100円で1マイル換算のマイルが貯まってる。カードで買い物をすればするほど、無料の海外旅行に近づいてる訳で、翌月一括であれば、手数料もとられないので、現金で買い物をする人が信じられない!(言い過ぎ?^_^; )と思ってるくらいである。

でも、そのお陰で、私はすでに、40,000マイルを超えているので、一人であればハワイに楽勝行ってこれるのである。また、今回の旅行のお陰で、旦那や、子供たち3人もやっと、20,000マイルを超えられたので、これで無料のアジア旅行のフリーチケット獲得にこぎつけた。すごいじゃん!! また、今回は通常の飛行マイルだけではなく、グァム、サイパンのキャンペーンをやっていたので、通常の実飛行マイル数の2倍のワールドパークス・マイルが、貯められる!

こまめにHPをチェックしてないと損してしまうのである。

と、話はちょっと逸れてしまったが、我が家では、キャリア選びが大事なポイントになってくる。

そして、予約が取れれば、後は、フリーの日程で何をするか、どこのレストランに行くか、などなど、準備の間で、十分旅行の醍醐味が味わえる。

◆飛行機内でのサービスは十分活用するべし!◆

また、飛行機に乗る前に、色々とHPはチェックして、機内食のメニューだとか、行き帰りの機内での映画は何が上映されるのか?と言うのも、チェックは怠らない!

今回10月は、往路が、『RV』という、日本ではまだ上映されてない、ロビン・ウィリアム主演のコメディ映画と、帰路は、なんと『ミッション・インポシブル 3』の上映である事が分かる。ミッション・インポシブル 3は、観ようと思っていたので、見に行かなくて済んで、超ー得した気分である。

また、事前に席のリクエストが出来るようなら、しておいたほうがいい。

まぁ、乗る前にも色々と準備を怠らない事が、大事である。

そして、いよいよ、搭乗となるわけなのだが、昨今のテロ騒ぎで、厳重なセキュリティチェックがあるので、早めにチェックインする事が肝心である。私たちは、特に、かばんの中身を全部見られることもなく、ただ、ハワイアンジュエリーは、はずさないと、ピーピーうるさかった。。。(金属探知機) 

当然ながら、うちの旦那は、身ぐるみはがされてたが・・・色々ジャラジャラ、金属片をつけてるからねぇ・・・(;・∀・) 係員にも、『色々とつけてますねぇ・・・(^_^;)』と言われたらしい。 (おんどりゃ~、いい加減はずして来いやぁ~、ボケー!・・・と思われてるに違いない!)

また、液体、ジェル上の物は、機内に持ち込めないので、歯磨き粉や、リップグロスなども、透明のジップロックに入れ替えさせられた。

また、今回は残念ながら、台風16号と17号のダブルが近づいてきており、すごい雨の中だったので、飛ぶのか心配だったが、何の問題もなく、定刻に出発するとのアナウンスでホッと安堵したものである。その次の日あたりは、だいぶ欠航や、遅れが出たらしい。ぎりぎりセーフで出発できた。

早めに搭乗して出来れば、かさばる荷物などは、上の棚に収納したい。そして、機内では使う物だけ、かばんに入れておけば完璧である。

Hulamamaがいつも、かばんに入れてあるのは、寒さに備えて、靴下(これが結構重宝する)、エアー枕、化粧品、ウェットティッシュ、出入国のカードに記入するための、ボールペン、パスポート、飴、ガム(気圧の変化のための耳抜き用)、急な体調不良に備えて、各種薬、目薬、バンドエイドなどなど。

これさえあれば、問題ない。

そして、楽しみのドリンク、機内食となるわけなのだが、残念ながら、NWは、今年の3月くらいよりエコノミークラスでの、アルコールが有料になってしまった。信じられない・・・     ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

 食事時のワインが飲めないなんて・・・ 赤白両方飲むのをそれはそれは、楽しみにしていたのに・・・(ToT)

アルコールは、$5または、500円だそうだ。だったら、日本円で500円で払ったほうがいいが。。。でも、Beerに500円出したくないよなぁ・・・

結局、私の周りの人誰も、アルコールを頼んでいる人がいなかったので、私も、諦めた。

そして、でも、グァバジュースを注文。我が家は4人ともグァバジュース。

グァバジュースも、メニューをチェックしておかないと、ワゴンの上には置いてないので、普通気がつかない。周りの人たちも、とりあえず、ワゴンの上に出ている飲み物だけで注文してるが、それじゃ、もったいない!もったいない!

トレーPhoto_30から出させても、グァバジュース!何杯も頂きました。ハイ♪

飛行機は、狭い機体で、3人掛けが2列だった。 また、機内の映画も、上部の小さいスクリーンなので、結構見づらかったが、楽しんで観させていただきました。やっぱり、サイパン線は飛行時間が3時間と言う事もあって、機内サービスもせわしなく、ドリンクのあと、すぐに、映画の上映が始まり、そして、途中で機内食が出てきた。

いよいよお楽しみの機内食!!・・・・・・のはずが、肉か魚か選ぶまもなく、ワンメニューであった。

旦那と、「当然肉を選ぼうねぇ~」とか話していたこの私がバカでした・・・(>_<)

Photo_31 ま、肉といえば肉・・・鳥の照り焼き丼?らしき物、でした。

ショボッ!って感じ・・・

飛行3時間と言う事もあるので、軽食って事なのか?ま、我が家では、出発前に、家で食事を軽く食べてきたので・・・・・・・・・・(;・∀・)

映画が終わると同時に、今度はサイパンへの入国審査、税関用の書類が配られるので、ひとしきりそれを書いたら、もう、サイパン到着と言うくらいのあっという間のフライトであった。

途中、機体の揺れもあったが、何とか無事サイパン到着。

雨は相変わらず降っており、風もすごい。

そして何よりも熱気、というか、蒸し風呂状態のサイパンに降り立つ!

・・・・つづく。

| | Comments (2)